トップ >> リハビリテーション >> 脳血管疾病

リハビリテーション


例えばこんな時…


⇒出来ない原因にあわせて

1, 関節を動かしたり筋力をつけたりします。
2, 動作そのものの練習をします。
3, 道具などを紹介します。(自助具etc)


脳血管疾患等リハビリテーションの対象者

1. 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血その他の急性発症した脳血管疾患又はその手術後の患者
2. 脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄腫瘍、その他の急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の患者
3. 多発性神経炎、多発性硬化症、末梢神経障害、その他の神経疾患の患者
4. パーキンソン病、脊髄小脳変形症、その他の慢性の神経筋疾患の患者
5. 失語症、失認、失行症、高次脳機能障害の患者
6. 難聴や人工内耳埋込術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者
7. 顎・口腔の先天異常に伴う構音障害を有する患者
8. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群、その他のリハビリテーションを要する状態の患者であって、一定以上の基本動作能力、応用動作能力、言語張力能力の低下及び日常生活動作能力の低下を来している患者