職員募集

スタッフの声

採用情報トップページ > スタッフの声

副院長・形成外科医師 林 博之

非常勤のころから併せると佐藤病院に勤務して30年近くになります。
東京からでも、新幹線で座って楽に通勤できています。
整形外科、形成外科それぞれの専門領域を尊重して各医師が診療・手術にあたっており、働きやすい環境と思います。
症例のバリエーションにも富んでおり、日々努力を重ねています。
広島県出身でカープ一筋です。



神経内科医師 田村洋平

病棟の内科管理を担当しています。
周術期の合併症などに関してもご安心ください。
また転院手続きや介護保険の申請も私がお手伝いしておりますので、煩雑な事務仕事に時間かけることなく、整形外科診療・手術に専念いただけると思います。
整形外科と神経内科は重なる症状が多くあり、お互いに知識を共有しながら診療をすすめています。



理学療法士 粂原由梨

私たちリハビリテーション部は、理学療法士7名、作業療法士1名、リハビリ助手4名で業務を行っています。年齢層は様々ですが、公私にわたり仲が良く、歓送迎会や忘年会はスタッフ全員出席で和気あいあいとやっています。また、仕事に対しては熱心でありリハビリ勉強会を毎週開催し、それぞれが勉強したものや講習会に参加して得た知識などを共有しています。そのため、スタッフ間で良いコミュニケーションが図れております。患者さんにより良いリハビリが提供できるよう日々、精進しています。



看護師長 竹内泰子

患者の目線まで腰を落とし、そっと手を触れて話を聞く...尊敬する医師の姿を見かけ学びました。安心・安全に医療を受けられるように努力しています。
プライベートの時間も確保できる勤務環境ですので、個人的には日本全国制覇の旅にチャレンジしたいと思っています。



放射線技師 小貫敬士、高橋文雄

私たちが、診療のサポートを行います。
常勤3名、非常勤3名、事務スタッフ1名で業務を行っています。
X線撮影では、特殊な撮影で細かい技術を要することもあります。術中の透視も、手術が滞ることなく行っていきます。
また休日祝日の撮影も行っておりますし、夜間もオンコールで対応しています。
放射線業務に関する、医師・看護師の負担は極力ないように頑張っています。
MRI、CT、透視に関しては、緊急の際には即日できるように対応していますので、診療もやりやすいと思います。



超音波技師 吉田秀紀

超音波検査を担当しています。心臓、腹部、頸動脈、甲状腺、下肢静脈など、あらゆる部位での病変を診断しています。表在腫瘤などの質的診断も行っています。
関節の動きや筋肉の滑走性の評価なども可能です。
痙縮筋に対するボツリヌス毒素の注射手技もサポートしています。
診療やリハビリテーションにお役立ていただけると思います。



薬剤師 越田恭子

院内の薬剤管理を一手に引き受けています。
高齢の患者さんが多く、多剤を服用する方がたくさんいますが、わかりやすく整理して管理しています。
骨粗鬆症や糖尿病の自己注射などの指導も行っているので、治療の選択肢の幅も広げられると思います。



管理栄養士 永井かをり

外来および入院患者さんの栄養管理・栄養相談など栄養面でのサポートを行っています。スタッフの皆さんのお食事も、おいしいと言っていただけるように工夫しています。
院内の他のセクションにも若いスタッフが多く、和気あいあいとしています。
働いていてとても楽しい環境です。



義肢装具士 佐藤真砂

義肢装具作成を行っております。30年以上の経験で、あらゆるニーズに答えてきました。
入院した患者さんが早く治療を開始できるように、迅速な対応を心がけています。
毎週金曜日に装具診察を行っていますが、入院の患者さんの場合には連絡をいただいた日に計測を行い、作成を開始することも可能です。
病院での治療がスムーズにいくように、万全の態勢で佐藤病院をサポートしています。



事務長 萩原則久

佐藤院長とともに歩み、佐藤病院の歴史をみてきました。
全ての医療スタッフが心地よく働くことのできるよう、全力でサポートしています。
正真正銘のジャイアンツファンです。