トップ >> ペインクリニックのご案内

お見舞いのご案内

その痛み我慢していませんか? “痛み”の原因は様々で、適切な診断に基づいて適切な治療を行えば改善されることが多いです。ところが、なかには適切な治療にもかかわらず痛みが継続する場合があり、その場合には通常の治療では改善しないことがあります。

・痛みの原因となる炎症が治っても、痛みを感じる神経自体が損傷を受けている場合・長い痛みの環境にさらされて、痛み感覚を受けとる脳や脊髄の神経がとても敏感になっている場合 上記のような場合、“神経因性疼痛”や“慢性疼痛”と言われるものであることが多く、通常の痛みどめで効果がみられず、放置されることによってさらに脳が敏感になり痛みが悪くなっていくことが多いです。時間がたてばたつほど治療が難しくなります。 痛みが長く続く場合は、痛みの外来で早めのご相談をおすすめします。 神経ブロック注射、各種鎮痛剤、漢方治療、リハビリテーションを組み合わせて痛みの改善を目指していきます。

担当医師 鈴木英雄 資格・職歴 ・自治医科大学麻酔科講師 ・日本麻酔科学会指導医 ・日本ペインクリニック学会専門医 ・麻酔科標榜医 ・日本東洋医学会認定医