スリングセラピーとは

天上から下ろしたロープで身体を吊るし、自重免荷作用、振り子運動作用等を利用して治療を行う手技の総称で、1992年にノルウェーで開発されました。ノルウェーでも1600以上のリハビリ施設、研究機関で採用されており、現在、世界中から注目を集めています。 天井から下ろしたロープで身体を支える事(スリング)で身体の重力を除去することができ、様々な効果が得られます。

CT検査

(1) 痛みの軽減
(2) 血液循環の改善
(3) リラクゼーション、異常筋緊張の改善
(4) 関節の安定に重要な深部筋エクササイズ
(5) 正しい方向への関節運動
(6) 安全で安心して運動することが可能