トップ >> 神経内科

神経内科




以下のようなご症状や診断を受けた方はご相談ください

物忘れ、頭痛、しびれ、痛み、めまい、ふらつき、ふるえ、
手足に力がはいらない、転びやすくなった、
物が二重にみえる、ものが飲み込みづらい、
歩くのが遅くなった、細かい作業がしづらい、

脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、認知症(アルツハイマー型認知症など)、
てんかん、パーキンソン病、
不随意運動症(ジストニア、ミオクローヌス、本態性振戦など)、
脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、
多発性硬化症、重症筋無力症、
変形性頚椎症、腰部脊柱管狭窄症、
ミエロパチー、末梢神経障害、
ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎
筋ジストロフィー、ミオパチー、多発筋炎、
慢性疼痛



当院での治療の特色

問診・診察・CT・MRI・超音波検査により診断を行います。
理学療法士・作業療法士とともに外来および入院でのリハビリテーションで脳神経疾患に伴う不自由の改善を目指していきます。
痛みやしびれなどの不快な症状を様々な治療薬より軽減していきます。
脳卒中などで生じる痙縮(けいしゅく:筋の緊張が高いこと)に対してボトックス(ボツリヌス毒素)注射による治療が行われています。当院で行う外来リハビリテーションと組み合わせてより高い治療効果が期待できます。

パーキンソン病や脊髄小脳変性症、多系統萎縮症などの神経疾患に対するリハビリテーションも行っています。